ファンケル 一日分のケール青汁

商品名 一日分のケール青汁
メーカー名 ファンケル
参考価格 4,752円(30包×10g)
一杯あたり 158円 (通常1杯分3.3gあたり53円)
原産国 国産
タイプ 粉末(個別包装)
1日の目安 1包
リンク 公式HP
ファンケル 一日分のケール青汁の商品画像

栄養バランスに優れたミネラル農法栽培の国内産ケールをまるごと粉末にした青汁です。
特有の青臭さや粉っぽさのない、本格的なしっかりとした味わい。
緑黄色野菜の栄養をおいしくしっかり摂取できます。

販売価格(1箱30包)
希望価格 4,752円(税込)
安値価格 4,752円(税込。公式サイト)
飲み方
水100ml~150mlに溶かして飲む。牛乳・豆乳・果汁・乳酸菌飲料・ヨーグルト・スープなどに混ぜる。
原材料
ケール、でんぷん分解物、難消化性デキストリン
栄養成分【1包(10g)当たり】
エネルギー:33kcal、食物繊維:1.4g、食塩相当量:0.09g、カリウム:281mg、カルシウム:129mg、マグネシウム:28mg、鉄:0.24mg、ビタミンC:185mg、ビタミンE:0.71mg、ビタミンK:133μg、葉酸:80μg、ベータカロテン:1280μg、総クロロフィル:20mg、SOD様活性:79000単位、ルテイン:1.9mg

ファンケル「一日分のケール青汁」の口コミ・評判をピックアップ

まずは、一日分のケール青汁の悪い口コミから紹介します。

リニューアル前の「ファンケル 本搾り青汁 プレミアム 」より味が薄くなり、成分表示の栄養素も半減したようです。プレミアムではよく溶けたのが、これはとにかく溶けません。粉末があまりにも溶けないので、ダマが多く残り飲み心地はかなり悪くなってしまいました。さらに溶け切らないがために、それなりの分量が結局飲めないで捨てることになるのも問題です。
本物の青汁のようなイメージ。青臭くてエグミがあり、お世辞にも飲みやすいとは言えません。牛乳に加えるとマドラーで何度混ぜてもダマが消えず、混ざったかと思ってもやっぱりダマがあり、とにかく溶けにくい。多くの青汁は1包3~3.5gくらいなのに対し、10gという量の多さも問題なのでしょうあ?シェーカーを使っても、けっこう強い力で振らないとダマが消えないので、忙しい朝にサクッと1杯飲むのは困難です。1包で1日分の野菜を摂取できる(他社の3倍)なら値段は高くないけど、毎日飲むものにしてはやはり味がキツい。今まで飲みやすい青汁ばかり飲んできた自分にはちょっとハードルが高すぎました。健康には間違いなく良いでしょう。

次は、一日分のケール青汁の良い口コミのほうを紹介します。

週5日ほど朝に飲むのを5年以上続けています。お通じが改善され、風邪もひきにくくなり、体の中から良くなっていくのを感じます。数年ぶりのお肌診断では今までで最高の結果。化粧品は安いものを使っているので、やはり青汁のおかげかなと思います。
毎朝、豆乳で飲んでいます。特に変化はありませんが、なんとなく目が覚める感覚があるので続けています。
リンゴジュースで溶かして毎朝飲んでます。なんだか元気が出てきて、とても良いです。他の青汁も飲みますが、これが一番効いているようです。
冷凍品のようにかさばらず、置き場所にも困りません。苦いのが苦手なので、味のあるフレーバーウォーターやポカリスエットなどで溶いています。そうすると苦味がかなり和らぎ、とても飲みやすい。最初は便秘にも効いていましたが、体が慣れたのか最近また悩むように…。もう少し様子を見て続けてみます。
サラッとしたパウダー状で、シェーカーで混ぜるとダマにならないのが気に入っています。温かいお湯でもよく溶けます。温めた牛乳や豆乳だとダマになるので、シェーカーを使っています。
タイトルとURLをコピーしました